大規模建築をお考えの方

商業施設の建設に古材を利用しませんか。

テナント募集の際に、古材を使用した店舗デザインであることは、他の物件よりも選ばれるランキングが上になります。
古材を商業施設に使うと、マスメディアに注目され、オープン後に、ニュースとして取り上げられることもあります。最近では、商業施設の開発・企画段階で古材の活用を考えて設計されるケースも多くなっています。
大型商業施設・複合商業施設の建築・設計での古材の利用は、屋上緑化などとあわせて環境に配慮した商業施設マネジメントを行う上で、社会的にも増える傾向にあると思われます。

世界最古の木造建築

世界最古の木造建築は「法隆寺」で、その築年数は約1300年です。日本の木造建築はそれだけ歴史のあるものです。約1300年の年月が流れたにもかかわらず柱である檜の木にカンナをかけると、真新しい檜と同じ爽やかな香りがしてくるといわれています。戦前迄は、このような重要文化財に指定されるような建築物だけではなく、日本の豊富な森林資源を利用して民家や町家にも良質の檜などの木材が使われていました。良質だから可能だったのでしょう、先人は建築物について「材木をリサイクルする」という考えをしていました。

時間と共に強度を増す

時間と共に強度を増す木材は新築、建て増しなどのリフォームなどに回し使いされることが普通でした。鉄やプラスチックなど加工された建築物の材料は新品の時が一番強度がありますが、対して木材は時間経過により引っ張り強度・圧縮強度が増し、「樹齢100年の檜の場合は伐採して100年後にその円熟点にある」という研究報告もあります。良質の木材が使われていたことが日本の建築の歴史です。今では稀少価値とも言えるリサイクルできる木材を「古材」と定義。
当協会では、国産にこだわり築60年以上の建物を自社で解体して良質な古材のみを販売しておりますので安心してご利用いただくことが可能です。