古材とは

  • 古材とは
  • 古材と環境
  • 古材への責任
  • 古材買取

古材とは、60年以上の民家から取り出された木材です

戦前の日本では、その地で採れた良質の木材が建築に使われてきました。しかし、戦後の建設ブームで安い強制乾燥材や外国の安価な木材が多く使われるようになってしまいました。長い時間を掛けて自然乾燥した国産の木材はほとんど使われなくなってしまったのです。そのため、「古材は昭和20年以前に建てられた建築物に用いられた木材」というラインを定めました。

すなわち「古材」とは、
昭和20年以前に建てられた民家に用いられていた木材
もしくは
築60年以上の民家に用いられていた木材
と定義しております。

古材を使うメリット

木材は乾燥することにより強度が増します

古材は長い時間をかけて自然乾燥をしていき強度を増していく「天然乾燥材」です。 樹齢100年の檜(ヒノキ)の場合は伐採されてから100年後が最も引っ張り強度・圧縮強度が増しており、その後はゆるやかに強度が減少し、300年を経過すると伐採時と同程度の強度に戻るという研究結果もあります。現在広く使用されている「強制乾燥材」は、130℃近くの高温で強制的に乾燥させた木材です。短時間で強度を上げられ、反りや割れなどがなくなり加工しやすい木材となりますが、樹脂まで染み出してしまいパサパサになります。結果、木の弾力性や艶はなくなり、木材の行う呼吸(調湿効果)は減ってしまいます。耐震性も減ってしまい時が経つにつれ劣化します。実は自然乾燥された「古材」は、「新材」より丈夫で長持ちであるとも言えるのです。

経年変化の風合い

古材には、いぶされて黒ずんだ肌、経年変化による傷や割れ、大工さんが刻んだノミの跡など、新しい木材では決して出せない風情や迫力があります。

環境に優しい

まず、家の解体の際の廃棄物を減らすことができます。そして、新築やリフォームなどに積極的に古材を活用することにより、資源循環型の社会に貢献します。